全労済 建物構造区分確認ガイド 借入金減額

全労済 建物構造区分確認ガイド 借入金減額

住宅が火災や自然災害によって損害を受けるリスク
その備えが「住まいの保障」です。

大切な住まいが火災などの被害にあったとき、
一日も早く再建し、今までどおりの生活を取り戻したいと考えます。

そのために必要な保障額を、
全労済では「加入基準による再取得価額」として設定しています。

★私的保障(共済や貯蓄等)による必要保障額
=全労済の加入基準による再取得価額+自然災害への一定の備え


期間の経過ととともに、住宅ローンの借入金等も減り、
家の資産価値も下がってきますが、
全労済の場合、再取得価格と自然災害への備えが必要保障額と計算されます。

|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|